お役立ち情報

看護師の免許をタンスにしまってる人が多いってほんと?理由を解説

看護師の免許を使わずに、タンスにしまっている人って本当に多いんです。

看護師を目指している方からすると驚きの事実ですよね。

今回は看護師の免許をタンスにしまっている人が多い理由、政府の取り組みについて紹介します

看護師として働き続けられるおすすめの職場も紹介しますよ。

この記事を読めば以下の疑問が解決します!

目次

現在の潜在看護師の状況

潜在看護師が多い理由

①看護師は女性が多い職場だから

②職場環境への不適応

潜在看護師に対する政府の取り組み

看護師と一言で言っても、色んな職場がある。どれがおすすめ?

①病院

②クリニック

③美容クリニック

④保育園、幼稚園

⑤献血ルーム、検診センター

⑥企業(産業看護師)

⑦老人ホーム、障害者福祉施設

⑧ツアーナース

⑨治験コーディネーター

⑩テーマパーク

まとめ

現在の潜在看護師の状況

看護師の免許を持っていても臨床で働いていない65歳以下の看護師を潜在看護師と言います。

厚生労働省が公表している平成24年のデータでは潜在看護師はなんと約71万人いるそうです。

(厚生労働省ホームページより引用:​​https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000072895.pdf)

これって相当な数ですよね。

看護師免許保有者の3分の1が潜在看護師ということになります。

せっかく看護師免許を取得したのになんで働かないんだろうと思うかもしれませんが、これには理由があるんです。

潜在看護師が多い理由

看護師免許を持っていても働いていない潜在看護師が多い理由はいくつかあります。

看護師という職業ならではの理由があるので紹介していきます。

①看護師は女性が多い職場だから

まず、看護師という職業は女性が圧倒的に多いです。

看護師と言ったら女性をイメージする方がほとんどですよね。

女性は結婚、出産、育児といったライフイベントに多くの時間を費やします。

日本ではまだまだ出産や育児は女性がメインで行うことが多く、女性は一時的に職場を離れなければいけない状況です。

ですが看護師の場合は常に人材不足であり資格がある職業ですので復職しやすいという特徴があります。

そういった特徴があっても、看護師は技術職ですのでブランクを経て復職するのは難しいと考える人も多いそうです。

さらに医療現場は日進月歩

日々最新の技術が研究され、現場でも新しい器械や備品が使われています。

そういった現場に戻って対応できるのかと考えると復職しづらいと判断してしまうことも多いそうです。

これらの理由から復職は難しく潜在看護師となってしまうそうです。

②職場環境への不適応

看護師の仕事は忙しいイメージがありませんか?

看護師の仕事はイメージ通り日々忙しく、仕事に追われています。

忙しい職場では働いている人の心に余裕もなくなり、厳しい勤務環境となってしまうことも。

厚生労働省も看護師のメンタルヘルスの課題を感じ、さまざまな取り組みを行っています。

(参考:厚生労働省ホームページ

といっても現状はまだまだ改善せず。

職場環境への不適応で臨床から退く看護師はまだまだ多いようです。

潜在看護師に対する政府の取り組み

潜在看護師に対する政府の取り組みとしては以下のものがあります。

2015年10月1日に改正看護師等の人材確保の促進に関する法律が施行され、看護師等(保健師、助産師、看護師、准看護師)の免許を持ちながら、その仕事に就いていない人は、氏名や連絡先などの基本情報を都道府県ナースセンターに届け出ることになりました。この届出情報をもとに、都道府県ナースセンターは離職中の看護師等とつながりを保ち、求職者になる前の段階から個々の状況に応じて復職への働きかけを行うことになります。

厚生労働省ホームページより引用

政府では看護師等の人材確保の促進に関する法律で、潜在看護師数や状況の把握を行っています。

看護師としては復職するきっかけづくりとなり、とてもありがたい取り組みですよね。

さらにこの届出はインターネットでカンタンに登録できます

もちろん都道府県ナースセンターでの登録も可能です。

看護師と一言で言っても、色んな職場がある。どれがおすすめ?

初めに勤めた職場が合わなかったからと言って看護師業自体が向いていないわけではありません。

職場を変えることで働きやすい環境を見つけられるかもしれません。

看護師として働ける場所は以下のとおりです。

  • 病院
  • クリニック
  • 美容クリニック
  • 保育園、幼稚園
  • 献血ルーム、検診センター
  • 企業(産業看護師)
  • 老人ホーム、障害者福祉施設
  • ツアーナース
  • 治験コーディネーター
  • テーマパーク

どれも看護師の資格で働くことができますよ。

病院の雰囲気が合わなくても他にも選択肢はたくさんあります。

詳しく説明していきます。

①病院

看護師として働く選択肢として真っ先に思いつくのは病院ですよね。

夜勤があるのでお給料もいいのが特徴です。

ただ一概には言えませんが、激務なことが多いです。

働いている人の数も多いので人間関係のトラブルは起きやすいという特徴があります。

②クリニック

クリニックなら入院病床が無いので夜勤がありません。

日中働けるので生活リズムが崩れずに生活できますよ。

勤務している方の数もあまり多くないためアットホームな雰囲気なことが多いです。

病院長先生の方針のもと看護を提供することになるので、病院長先生との相性が最も重要になります。

③美容クリニック

クリニックの中でもさらに特殊なジャンルである美容クリニック。

美容クリニックは自費診療なのでクリニックとしてのとしての役割も特殊。

病気や怪我ではなく脱毛や美容整形を扱います。

美容に関するアンテナが高い人が働いていることが多く、最新の美容知識を手に入れることができます

④保育園、幼稚園

保育園や幼稚園での看護師の業務は園児の健康管理や怪我の対応です。

子供好きな方にはとってもおすすめな職場です

看護師は一人のみの採用のことも多いのでやや孤立感を感じてしまうかもしれません。

⑤献血ルーム、検診センター

検診車に乗り地域の検診をサポートします。

地域の方々との繋がりができ、多くの方の健康を守れるのでやりがいのある仕事です。

献血ルームでは採血が主な業務です。

採血が得意、好きという方にはとてもおすすめですよ。

⑥企業(産業看護師)

企業に就職する看護師です。

社員の健康相談にのったり、健康診断のサポートを行います。

病院のようにさまざまな疾患を診たり、緊急の患者さんを見ることは少ないでしょう。

産業看護師の募集はかなり少なめです。

⑦老人ホーム、障害者福祉施設

若い人への対応が苦手なら老人ホームで務めるという手もありますよ。

発達障害や精神疾患を抱える方の施設で務めるという選択肢もあります。

働く時間帯も基本的には日中なので生活リズムも崩れずに勤務できます。

募集は比較的多めなので働きやすい職場です。

⑧ツアーナース

旅行会社主催のツアーに同行し、旅行者の健康管理を行う看護師です。

楽しい旅に同行し、旅行者の健康をサポートするのはやりがいのある仕事ですね。

企業に就職する場合もありますが、ほとんどは日雇いのアルバイトが多いとのこと。

就職せず気ままに看護師として働きたい方に向いています。

⑨治験コーディネーター

治験とは治療の臨床試験の略。

治験とは新薬や医療機器が医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験のことです。

治験コーディネーターは試験の説明や治療のサポートを行います。

最新の医療に携われる貴重なお仕事です。

⑩テーマパーク

紹介した中では一番知られていない看護師の職場です。

テーマパークには救護室があり看護師が常駐しています。

病院とは全く違う雰囲気で働くことができますよ。

ただ募集はかなり少ないので働くのは難しいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は看護師免許をタンスにしまっている人が多い理由を紹介しました。

看護師免許取得を目指している人からすると、どうして働かないんだろうと思うかもしれませんが、潜在看護師は意外と多いんです。

潜在看護師となってしまう理由は人によってさまざまですが、大きな要因は女性のライフイベントによる離職

看護師として長く働き続けられるよう職場を変えてみる、というのも手だと思いますのでぜひ検討してみてくださいね。


ブログ記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事は東山学館看護受験ゼミが執筆いたしました。

東山学館看護受験ゼミは兵庫県姫路に本校を構える看護医療系の受験対策に特化した予備校です。

看護業界に興味がある、大学の看護学部・看護専門学への入学をお考えの方はぜひ東山学館看護受験ゼミの利用をご検討ください。

圧倒的な指導力であなたを合格に導きます。

東山学館看護受験ゼミのここがスゴい!

東山学館看護受験ゼミは他の予備校とはひと味もふた味も違います。

東山学館看護受験ゼミがなぜ看護医療系の受験に強いのか、その秘密を紹介します。

①看護医療系に特化した予備校

東山学館看護受験ゼミは看護医療系に特化した予備校です。

長年医療看護系の受験対策を講じてきましたので、情報の豊富さが段違い。

赤本どころか過去問題も流通していない専門学校やマイナーな医療大学の過去問題、小論文テーマまで度重なる学校訪問を行い、独自ルートで入手しています。

豊富なデータを余すことなくご提供いたします。

面接データも網羅していますので、学科試験のみでなく面接対策もバッチリ行えます。

さらに願書の書き方などもサポート。

東山学館看護受験ゼミは初めての受験で分からない、不安な要素も徹底的にフォローいたします。

②自習しやすい環境が整っている

集中して勉強するためには学習環境がとっても大切です。

人によって集中できる時間帯って違いますよね。朝にやる気が出る人や、夜に頑張れる人などさまざまです。

東山学館看護受験ゼミはみなさんの学習スタイルに合わせて勉強したいときにいつでも静かな環境で自習ができるよう自習室を長時間開放しています。

開放時間は365日年中無休で9時〜23時までとなっております。(校舎により一部休館日や営業時間の変更がございますのでご容赦ください)

また、自習室はスマートロックシステムで自由に出入り可能です。

充実した自習環境を提供し、みなさんの個別指導以外の勉強時間もサポートいたします。

③ベテラン講師による効率的な指導

東山学館看護受験ゼミは分野ごとに経験豊富なベテラン講師が揃っています。10年から40年以上に渡り高校生、社会人の看護学校受験対策に講じてきたベテランスタッフの充実した指導を受けることができます。

有名看護大学はもちろん、看護専門学校や新設の看護学部まで長年の経験を元に合格に導く指導を完全個別で行います。

完全個別指導なら分からない部分を指導中にすぐに質問できますし、一人一人のペースに合わせて学習を進めることができます。

もちろん、指導時間以外でも講師の空き時間に質問可能です。

講師はいつでもあなたからの質問を待っています。

さらに指導内容の充実だけでなく、個別指導はスマホシステムで予約可能。デジタル化された設備で不要な手間を省き、学習に集中できます。

④東山学館看護受験ゼミが作ったオリジナル教材を用いた指導

東山学館看護受験ゼミには日本全国の看護大学、看護専門学校の出題傾向を解析して作られた科目別のオリジナル教材があります。

東山学館看護受験ゼミでしか学べないオリジナル教材を用いた指導で効率的な学習が叶います。

⑤看護受験を乗り切るための同士ができる

何事も一人で孤独に戦うよりも仲間と協力して戦うほうが頑張れると思いませんか?

看護学校の受験対策は長いマラソンのようなもの。

マラソンコースを一人でひた走っていては心が折れてしまうことがあるかもしれません。

ですが、東山学館看護受験ゼミの仲間と励まし合いながら走り続ければ必ず完走できます。

入学後は知った顔ばかりで同級生は東山学館の同士だらけ、という声も。

東山学館看護受験ゼミで学ぶ同士はもちろん我々講師陣もあなたの仲間です。

講師との面談を定期的に実施し二人三脚で歩んでいきます。

自習時間の管理や学習の進捗の相談を行うことでやる気が継続するだけでなく自己管理能力も身につきます。

東山学館は看護受験を共に乗り切る、最適なパートナーとなることをお約束します。

東山学館看護受験ゼミ生の声

東山学館看護受験ゼミの生徒から寄せられた体験談を紹介します。

体験談その1

東山学館の個別指導では、組まれた通り学習を進めていけば、合格レベルに達するようなシステムで安心できました。自分で教材を進めることを基本として、個別指導で自分て気付いていないところを補ってもらうスタイルがとても自分に合っていて、うまく勉強を進めることかできました。

体験談その2

東山学館では、毎週やってきた範囲についてのテストが出され、一定の点数を超えないとその範囲については完了しない仕組みなので、毎日の学習時間が格段に増えました。さらに復習についても計画に組み込まれていて、自分では難しい学習サイクルが整えられていました。時間を置いて再度類題を出される仕組みは、とても学力向上に役立ちました。

体験談その3

東山学館に入る前は、学校の授業に遅れていました。遅れを取り戻したい気持ちはありましたが、やるべき事が多すぎて何から手をつければいいのかもわからず、やる気が出ませんでした。そこで東山学館に 通うことにしました。 東山学館個別指導では、今自分がどう進んでいるのかということや、いつまでに何をするということがよくわかり、自然とやる気につながりました。 おかげで遅れを取り戻し、第一志望校に合格できました。

体験談その4

東山学館の自習室はずっと開いていて、他にも同じ望校を目指して勉強している人がいたので、モチベーションが上がり、集中して勉強することができました。 

看護学校に入学をお考えのみなさんへ

最後に看護学校入学を検討している高校生、社会人のみなさんへメッセージを送ります。

高校生のみなさんへ

高校生のみなさんが看護学校に合格するためには学科試験、面接、小論文など与えられた受験科目全てでバランス良く得点を取る必要があります。高校入試は学科試験に力を注いだと思いますが、看護学校の入学試験は学科試験勉強だけを頑張ればいい、面接対策だけ頑張ればいいというものではありません。

バランス良く学習するためには学習効率を高め、学習スケジュールを立て自己管理を徹底する必要があります。東山学館看護受験ゼミは高校生のみなさんの学習を包括的にサポートいたしますので、みなさんの合格までの道のりを最短ルートで導きます。ぜひ東山学館看護受験ゼミのご利用をご検討ください。

社会人のみなさんへ

社会人経験のある方々が看護学校に入学するには学科試験対策はもちろん、面接対策が肝になります。東山学館看護受験ゼミなら出題傾向を的確に捉えた対策、数々の面接データを元にした徹底した面接対策も行えます。自身の能力を十二分に引き出すためには面接で自身の想いを表出できるようになることが大切です。東山学館のベテラン講師と主に面接練習を重ね、自信を持って本番に挑めるようサポートいたします。

ぜひ、社会人のみなさんの看護学校受験対策を東山学館にお任せください。

-お役立ち情報
-, , ,

© 2021 東山学館看護受験ゼミのブログ Powered by AFFINGER5