お役立ち情報

看護師になりたい高校生が大学か専門学校か悩んだ時に読む記事【卒業後編】

「看護師になりたい!」

そう考えたときに大学の看護学部に進学するか看護専門学校に入学するか、どちらにしようか迷いますよね。

今回は看護師を志している高校生のみなさんが大学の看護学部と看護専門学校のどちらを選んだらいいのかが分かるよう、学校卒業後に焦点を当て違いを紹介していきます。

この記事で分かること!

  • 大学と専門学校の卒業後の詳しい違い
  • 大学と専門学校のどちらが自分に向いているか

目次大学の看護学部・看護専門学校の違いとは

大学の看護学部・看護専門学校の違いとは

大学の看護学部・看護専門学校の違い①修業年数

大学の看護学部・看護専門学校の違い②カリキュラム

大学の看護学部・看護専門学校の違い③得られる学位

大学の看護学部・看護専門学校の卒業後の違いとは

学校卒業後の給与の違い

学校卒業後の昇給の違い

学校卒業後の派生資格の所得に関して

学校卒業後の待遇の違い

学校卒業後の看護技術の違い

学校卒業後の進路の幅

結論:即戦力なら専門学校、一般教養も身に着けるなら大学

大学の看護学部・看護専門学校の違いとは

大学の看護学部と看護専門学校はさまざまな点で違いがあります。

いまさらですが、まずは基本的な違いについて見ていきます。

すでに知っている部分は適宜読み飛ばしてくださいね。

  • 通う年数
  • カリキュラム
  • 卒業後得られる学位

大学の看護学部・看護専門学校の違い修業年数

まず通う年数ですが大学の看護学部は4年間通います。

一方看護専門学校は3年間と大学よりも1年短い年数で卒業できます。

修業年数が異なっているということは学ぶ内容にも違いがあることが想定できますよね。

大学の看護学部・看護専門学校の違いカリキュラム

大学の看護学部と看護専門学校ではカリキュラムも異なり、大学の看護学部では実践的な看護能力や技術だけでなく研究を元に看護を学問として学ぶことができます

看護専門学校は即戦力となる人材育成を目的としているため、現場に近い技術を学ぶことができます。

看護専門学校は3年間で看護を学び切る必要があるため教養科目はあまり習えないという側面も。

一方で看護専門学校は4年制への移行が議論されているほどカリキュラムがみっちり詰まっているので看護を集中して学ぶ環境が整えられています。

大学の看護学部・看護専門学校の違い得られる学位

大学の看護学部を卒業すれば「学士」の称号が与えられますが、看護専門学校卒業では「学士」資格は取得できません。

「学士」がなければ大学院に進学することはできませんので看護を研究したいと考えている方は大学の看護学部入学を選択する必要があります

大学の看護学部・看護専門学校の卒業後の違いとは

ここからは、既に述べた基本的な違いを踏まえて、大学の看護学部と看護専門学校の卒業後の違いについてまとめていきます。

給与面昇給待遇などさらに詳しく見ていきましょう。

学校卒業後の給与の違い

大学の看護学部と看護専門学校では卒業後の給与に違いがあります

日本看護協会の初任給の平均額(出典:日本看護協会https://www.nurse.or.jp/home/publication/pdf/research/96.pdf)を大学卒と専門学校卒別に見ていきましょう。

大学の看護学部卒看護専門学校卒
東京29.2万円28.5万円 
静岡28.6万円27.6万円
大阪28.9万円28.2万円

このようにおおよそ1万円程度の差があります。

その後も基本給は大卒と専門卒によって異なるという場合が多いため、年間で約12万円の差があると考えると大きな額です。

学校卒業後の昇給の違い

看護師業界の昇給は一般的に経験年数に応じて行われるので、専門卒は昇給がないということはありません。

ですがより給料が高い管理職になるには大卒の方が好まれるという噂も。

学問として看護を学び、教養科目も履修した大学卒の方は指導力に優れているという考えもあるそうです。

専門学校がない系列の病院での昇進は大卒が優先されることもあるとか。

一方系列内に専門学校がある場合、当該専門学校出身者が優先されるという話も聞いたことがあります。

正確な情報は公表されていませんが、専門学校卒業だから看護師長になれないなんていう極端な差別は無いので安心してください。

学校卒業後の派生資格の取得に関して

看護師の国家試験受験資格は大学の看護学部、看護専門学校どちらでも所得できます。

学校卒業後の保健師助産師養護教論といった派生資格に関しては看護専門学校では受験資格を所得することができません。

看護専門学校卒の方はさらにもう一年、大学の看護学部に編入するか、保健師・助産師・養護教論の養成学校に通うことで受験資格を得られます。

大学の看護学部でも必ず保健師、助産師国家試験の受験資格を所得できるわけではなく、限られた先行枠を勝ち取る必要があります。

看護専門学校に入学したから保健師や助産師、養護教論の道を諦めなければいけないわけでは無いので安心してくださいね

といっても始めから保健師や助産師になることを視野に入れている場合には大学を選択するのがシンプルで良いかもしれません。

学校卒業後の待遇の違い

大学の看護学部卒だから、看護専門学校卒だからといって待遇に差があるということはありません。

大学の看護学部卒ばかりの職場で看護専門学校卒だからといって不遇な扱いをされることもないので安心してください。

実際に看護専門学校卒業後に大学病院に勤めている人にアンケートをとった結果、待遇に違いを感じたと答えた人はいませんでした。

常に人材が不足している看護の現場でどのような学校を卒業したかなどをいちいち気にする人はいないようです。

逆に専門学校を卒業した看護師は実技にも慣れており即戦力になるというイメージが強いという話も聞きます。

大学の看護学部卒じゃないと不遇な扱いをされるんじゃないかと心配する必要はありませんので、自身にあった学校を選択してください。

学校卒業後の看護技術の違い

看護学校卒業後の看護技術の定着度合いについてです。

これは個人差がある部分なので一概には言えませんが、専門学校ではより臨床に近い看護技術の取得を目指している学校が多いという特徴があります。

看護大学では一般的な教養を学び、人間力を高める部分に重きをおいている学校も多いため技術に特化している、というよりかは全般的な知識が豊富に身に着けられるという特色があります。

このような特徴の違いから看護専門学校卒業生は看護技術が上手く、即戦力になると言われています。

といっても上記の内容はひとりひとりの力量や臨床環境によって大きく左右される部分です。

さらに筋肉内注射や採血、静脈内点滴などは看護師国家試験資格取得後でなければ実践できない技術なので、大学の看護学部卒も専看護門学校卒も臨床で初めて実践することになります。

看護技術の定着度合いに関してはイメージに基づいて語られることが多い部分ですのであまり深く考える必要はないでしょう。

学校卒業後の進路の幅

最後に学校卒業後の進路の幅について考えていきます。

看護師以外として働く道を考える場合、求人を検索してみると、大学卒業が要件とされている仕事はたくさんあります。

専門学校卒の場合、そういった仕事に応募できない他、応募した後、採用されたあとも不利に扱われる可能性は現実として十分考えられます。

他にも、例えば訪問看護センターのマネジャー業務を担うことになり、経営学、心理学の知識が欲しいと考えた場合など、異なる分野の専門性を身につけたい場合、大学で学ぶ一般教養は異分野への橋渡しとして、威力を発揮することもあります。

結果卒業後の進路の幅として、大学は卒業後の進路の幅が広い一方、専門学校では進路の幅に制限があります。

結論:即戦力なら専門学校、一般教養も身に着けるなら大学

いかがでしたか?

さいごに大学の看護学部と看護専門学校の違いを表でまとめました。

大学の看護学部看護専門学校
修業年数4年3年
卒業までに必要な単位124単位以上93単位以上
学士資格   取得できる取得できない
所得できる資格看護師国家試験受験資格保健師国家試験受験資格第一種衛生管理者(保健師資格取得後に本人の申請が必要)養護教諭二種免許状(保健師資格取得後に本人の申請が必要)助産師国家試験受験資格(助産師課程のある大学のみ)看護師国家試験受験資格
職員博士、修士厚生労働省看護学校教員養成修了              

4年間コツコツと学ぶカリキュラム内容はかなり重要な指標です。一般教養も学びながら過ごす大学での4年間かみっちり看護を3年間で学ぶ専門学校か自身に合わせて選択しましょう。

関連記事も多数ございます。

【看護師になりたい高校生が大学か専門学校か悩んだ時に読む記事〜学校生活編〜】もよろしければぜひ参考にしてくださいね。


ブログ記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事は東山学館看護受験ゼミが執筆いたしました。

東山学館看護受験ゼミは兵庫県姫路に本校を構える看護医療系の受験対策に特化した予備校です。

看護業界に興味がある、大学の看護学部・看護専門学への入学をお考えの方はぜひ東山学館看護受験ゼミの利用をご検討ください。

圧倒的な指導力であなたを合格に導きます。

東山学館看護受験ゼミのここがスゴい!

東山学館看護受験ゼミは他の予備校とはひと味もふた味も違います。

東山学館看護受験ゼミがなぜ看護医療系の受験に強いのか、その秘密を紹介します。

①看護医療系に特化した予備校

東山学館看護受験ゼミは看護医療系に特化した予備校です。

長年医療看護系の受験対策を講じてきましたので、情報の豊富さが段違い。

赤本どころか過去問題も流通していない専門学校やマイナーな医療大学の過去問題、小論文テーマまで度重なる学校訪問を行い、独自ルートで入手しています。

豊富なデータを余すことなくご提供いたします。

面接データも網羅していますので、学科試験のみでなく面接対策もバッチリ行えます。

さらに願書の書き方などもサポート。

東山学館看護受験ゼミは初めての受験で分からない、不安な要素も徹底的にフォローいたします。

②自習しやすい環境が整っている

集中して勉強するためには学習環境がとっても大切です。

人によって集中できる時間帯って違いますよね。朝にやる気が出る人や、夜に頑張れる人などさまざまです。

東山学館看護受験ゼミはみなさんの学習スタイルに合わせて勉強したいときにいつでも静かな環境で自習ができるよう自習室を長時間開放しています。

開放時間は365日年中無休で9時〜23時までとなっております。(校舎により一部休館日や営業時間の変更がございますのでご容赦ください)

また、自習室はスマートロックシステムで自由に出入り可能です。

充実した自習環境を提供し、みなさんの個別指導以外の勉強時間もサポートいたします。

③ベテラン講師による効率的な指導

東山学館看護受験ゼミは分野ごとに経験豊富なベテラン講師が揃っています。10年から40年以上に渡り高校生、社会人の看護学校受験対策に講じてきたベテランスタッフの充実した指導を受けることができます。

有名看護大学はもちろん、看護専門学校や新設の看護学部まで長年の経験を元に合格に導く指導を完全個別で行います。

完全個別指導なら分からない部分を指導中にすぐに質問できますし、一人一人のペースに合わせて学習を進めることができます。

もちろん、指導時間以外でも講師の空き時間に質問可能です。

講師はいつでもあなたからの質問を待っています。

さらに指導内容の充実だけでなく、個別指導はスマホシステムで予約可能。デジタル化された設備で不要な手間を省き、学習に集中できます。

④東山学館看護受験ゼミが作ったオリジナル教材を用いた指導

東山学館看護受験ゼミには日本全国の看護大学、看護専門学校の出題傾向を解析して作られた科目別のオリジナル教材があります。

東山学館看護受験ゼミでしか学べないオリジナル教材を用いた指導で効率的な学習が叶います。

⑤看護受験を乗り切るための同士ができる

何事も一人で孤独に戦うよりも仲間と協力して戦うほうが頑張れると思いませんか?

看護学校の受験対策は長いマラソンのようなもの。

マラソンコースを一人でひた走っていては心が折れてしまうことがあるかもしれません。

ですが、東山学館看護受験ゼミの仲間と励まし合いながら走り続ければ必ず完走できます。

入学後は知った顔ばかりで同級生は東山学館の同士だらけ、という声も。

東山学館看護受験ゼミで学ぶ同士はもちろん我々講師陣もあなたの仲間です。

講師との面談を定期的に実施し二人三脚で歩んでいきます。

自習時間の管理や学習の進捗の相談を行うことでやる気が継続するだけでなく自己管理能力も身につきます。

東山学館は看護受験を共に乗り切る、最適なパートナーとなることをお約束します。

東山学館看護受験ゼミ生の声

東山学館看護受験ゼミの生徒から寄せられた体験談を紹介します。

体験談その1

東山学館の個別指導では、組まれた通り学習を進めていけば、合格レベルに達するようなシステムで安心できました。自分で教材を進めることを基本として、個別指導で自分て気付いていないところを補ってもらうスタイルがとても自分に合っていて、うまく勉強を進めることかできました。

体験談その2

東山学館では、毎週やってきた範囲についてのテストが出され、一定の点数を超えないとその範囲については完了しない仕組みなので、毎日の学習時間が格段に増えました。さらに復習についても計画に組み込まれていて、自分では難しい学習サイクルが整えられていました。時間を置いて再度類題を出される仕組みは、とても学力向上に役立ちました。

体験談その3

東山学館に入る前は、学校の授業に遅れていました。遅れを取り戻したい気持ちはありましたが、やるべき事が多すぎて何から手をつければいいのかもわからず、やる気が出ませんでした。そこで東山学館に 通うことにしました。 東山学館個別指導では、今自分がどう進んでいるのかということや、いつまでに何をするということがよくわかり、自然とやる気につながりました。 おかげで遅れを取り戻し、第一志望校に合格できました。

体験談その4

東山学館の自習室はずっと開いていて、他にも同じ望校を目指して勉強している人がいたので、モチベーションが上がり、集中して勉強することができました。 

看護学校に入学をお考えのみなさんへ

最後に看護学校入学を検討している高校生、社会人のみなさんへメッセージを送ります。

高校生のみなさんへ

高校生のみなさんが看護学校に合格するためには学科試験、面接、小論文など与えられた受験科目全てでバランス良く得点を取る必要があります。高校入試は学科試験に力を注いだと思いますが、看護学校の入学試験は学科試験勉強だけを頑張ればいい、面接対策だけ頑張ればいいというものではありません。

バランス良く学習するためには学習効率を高め、学習スケジュールを立て自己管理を徹底する必要があります。東山学館看護受験ゼミは高校生のみなさんの学習を包括的にサポートいたしますので、みなさんの合格までの道のりを最短ルートで導きます。ぜひ東山学館看護受験ゼミのご利用をご検討ください。

社会人のみなさんへ

社会人経験のある方々が看護学校に入学するには学科試験対策はもちろん、面接対策が肝になります。東山学館看護受験ゼミなら出題傾向を的確に捉えた対策、数々の面接データを元にした徹底した面接対策も行えます。自身の能力を十二分に引き出すためには面接で自身の想いを表出できるようになることが大切です。東山学館のベテラン講師と主に面接練習を重ね、自信を持って本番に挑めるようサポートいたします。

ぜひ、社会人のみなさんの看護学校受験対策を東山学館にお任せください。


-お役立ち情報
-, , ,

© 2021 東山学館看護受験ゼミのブログ Powered by AFFINGER5